監獄実験-プリズンラボ- 読んだ感想とネタバレ 無料

監獄実験をスマホで読んでみたので感想やネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク

監獄実験-プリズンラボ- 1巻 世界は理不尽で満ちている 読んだ感想とネタバレ 無料

 

 

監獄実験-プリズンラボ-
原作 貫徹
作者 水瀬チホ



~~~~監獄実験ネタバレ~~~~



世界は理不尽で満ちている



暗がりでセーラー服の少女を
監禁している仮面の男



「おまたせ彩ちゃん」



「・・・ちゃん付けしてんじゃねぇよ
きもちわりぃ・・・」




その瞬間少女の首に鎖が巻きつく



【理不尽】



【この言葉を作った人は・・・
きっとこんな思いをしていたのだろう・・・】



場面は変わり



頭を掴まれ便器に押し付けられている少年 

江山



【ソイツの気持ちなどわからないけれど
理不尽という言葉を作ってくれたことに
感謝する・・・】



【おかげで僕はこの状況を
「理不尽」と思えるのだから・・・】


モップで顔を殴られ、女子生徒に顔を
蹴られる江山



その後ろでいじめられている江山を
冷ややかな目で見ている少女



いじめが終わり鏡を見ると
ひどい顔をしていた・・・



【・・・死ねばいいのに・・・】



【暗くてダサくて何もできない・・・
クズな自分に嫌気がさす・・・】




江山が教室に戻ると後から入って来る
一人の少女。



桐島 彩



「気やすく私の名前を呼ばないで
キモイっつーの!」




コイツだ・・・
最大にして最悪の元凶・・・
僕の人生を狂わせた張本人・・・!】



「私は優等生でクラスのリーダー
誰も私がいじめの主犯だとは思わない」




そして桐島は江山にスマホ
写真を見せる。



そこに映し出された全裸で縛られた
一人の男・今村の写真。



江山と同じように根暗なボッチの男で
女子生徒が誘ったら疑いもせず飛びついて
来たのだという。



それを話す桐島の表情は・・・



今村の話が終わると桐島
「あんた私に何したか忘れたの?」



【僕は悪くない・・
僕は被害者だ・・・】





「あんたはさ・・・
ずーっと私のおもちゃなの」




【ああ・・・理不尽だ・・】




【神様・・どうか彼女を・・・
もしくは僕を・・・】




【消してください】



江山が家に戻ると郵便物が届いていた。



送り主は「九字間」
中には書類が入っていた。



その書類には
「監禁ゲーム」
「このゲームは理不尽な人生をお送りに
なられている方に
人生を変える機会を与えるものです



ゲームの内容は監禁相手を指名し自分の名前が
バレないように1ヵ月監禁できれば1000万円
もらえるというものだった。



相手を殺してはダメ、名前がバレたら
相手に1000万円の賞金が渡る。



桐島彩をなんとかしないと・・・
僕が・・・壊れる・・・】




スマホを片手に取り
「桐島 彩」
の名を登録サイトに打ち込むと
画面に出る桐島の写真



翌日、公園でゲームの関係者と
待ち合わせることになった江山。



そこに現れたのは・・・




~~~~監獄実験読んだ感想~~~~



とてもスリリングな内容でした。



ちょっと凄惨な描写もあるので
その手が苦手な人はちょっと読み進めるのが
辛い場面があるかもしれません。
ですがそこまで、グロテスクな内容では
ないので大丈夫だと思いますが・・・。



いじめにあっていた気弱な主人公が
監禁相手に選んだヒロインに復讐を
する度に豹変していく姿が
ゾクゾクします。



いじめは許されるものではありませんが
もし自分がいじめられていて、同じような
書類が届けば主人公と同じように
ゲームに参加して復讐を遂げるだろうな
ともってしまう作品でした。



2巻以降もとても気になるので
また読み進めてみようと思います!



総評としてはとても面白い漫画でした!
お勧めします!

 

 

 

 

監獄実験-プリズンラボ-まんが王国

無料試し読みができるので

是非読んでみてください。

 

 

 

まんが王国はこちら>>

 

 

 


【監獄実験】で検索すると

無料で読めます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

スポンサーリンク